​田中洋子ピアノ&声楽教室

​山口県光市浅江3丁目

光市浅江小学校

光天使幼稚園近く

お問合せ

電話 090-7505-3937

  • ホワイトInstagramのアイコン
  • White Facebook Icon

Copyright (C) Yoko Pinano All rights reserved.

ピアノが弾けるようになりたい!

歌を歌ってみたい!

という一人ひとりの小さな願いを

一緒に叶えられたら・・・

優しい瀬戸内の浜辺、虹ケ浜海岸にほど近い

山口県光市にある

ピアノと声楽の個人レッスン

田中洋子ピアノ&声楽教室です。

ピアノと声楽で、生徒の良さをみつけ

個性をのばします。

生徒と共に寄り添いながらその音楽性を高め

同時に豊かな人間性を養います。

今しかないこの時期を大切に想い

お子様の自己の可能性を引き出すお手伝い

を致します。

音楽の素晴らしさを

ご家族の皆様も

是非感じてくださいませ。

​教室からのお知らせ

生徒募集について。2018年秋

2018/11/12

うふふな子育て♡マザーズコーチ体験講座開...

2018/07/18

中学校への合唱指導

2018/07/15

1/1
Please reload

教室公式Instagram

01

 

ピアノ教室

当教室では2台のグランドピアノによる充実したピアノレッスンはもちろんのこと、導入指導にも力を入れています。

「無理なく楽しく、一人ひとりの強みを生かし、自立するレッスン

をコンセプトに、一人ひとりの個性を大切にしたオリジナパーソナルレッスンです。

​声楽教室

声はその方が持っている唯一のもの。

その声を自由に歌にのせて表現してみましょう。

合唱団で歌っている方のパーソナルレッスンとしても有効です。

声楽の発声は全ての歌の基本です。

複式呼吸をみにつけ、美しい歌声を探します。

当教室では
希望する方にはその方に合わせコンクールに出場される方もいらっしゃいます。
生徒さんの主な成績はこちらです。
自分にあったコンクールを生かし、日々のピアノライフがより充実したものとなりますように。

§ 生徒さんピアノコンクール受賞歴 §

♪TYSピアノコンクール
予選通過、本選出場。
2年連続金賞。

♪山口県学生音楽コンクールピアノ部門、
声楽部門、
予選通過、本選出場。

♪ピティナピアノコンペティション
ソロ部門、
連弾部門
地区予選通過、本選出場

♪グレンツェンピアノコンクール全国大会出場。
指導者賞受賞。

♪ベーテンピアノコンクール自由曲コース
全国大会出場 等

 

 

講師 田中洋子 Tanaka Yoko
「あなたのそばにあたたかい音楽を・・・」

をコンセプトに

今まで2歳から90代の方々まで、様々な出会いがありました。

 

♪講師プロフィール

横浜市生まれ。

◇キリスト教幼稚園で友達がクラスにあるピアノを得意気に弾いているのを見て「私も習いたい! !」と思い、双子の姉と一緒に5歳よりピアノをはじめる。

7歳の時に山口県宇部市に引っ越し、高校まで過ごす。

 

◇小学校時代では器楽クラブに所属。顧問の先生の厳しい指導のもと、音楽の楽しさ厳しさに目覚める。

リコーダーアンサンブルや、器楽合奏、ピアノアンサンブル、卒業式の代表伴奏等数々の経験をする。

 

◇中学校時代には吹奏楽部に所属しテナーサックスを担当。

2年生の時に、小学校の音楽の先生が中学校に移動されたこともあり、同時に合唱部の伴奏も頼まれる。(この時から、ピアノだけではなく色々な事をしていたことが分かる。)

中学校の時、音楽非常勤講師の先生から「ピアノを教えてあげるからいらっしゃい。」と言われ門をたたく。

 

◇高校はカトリック女子高に進学。

ピアノの個人レッスンに通う毎日だが、一番の落ちこぼれで手も小さく、なかなか大曲はまわってこないが、自然と音大ピアノ科を希望するようになる。

指導して頂いたピアノの先生へ志望を言うと「洋子ちゃんには無理。」と言われ、途方にくれる。どうしても納得がいかないので、音楽教育科なら入れるのではないか?と考え声楽の先生の門をたたく。

すでに高校2年になっており、全てが間に合わないと思ったが、やるしかない!と思い、歌に出会う。

ピアノ同様、身体も小さく、声も細く、オペラのような肉厚な声が出ない私に、声楽の先生が「洋子ちゃんは宗教声楽に行ってお勉強したらどうですか?」と宗教声楽というジャンルがあることを知る。

もともとプロテスタント幼稚園、カトリックの高校だったので、理解はすぐ出来た。西洋音楽の源であるグレゴリオ聖歌も学べ、教会で歌えるような素敵な曲を勉強できるなんて・・と、どんどんその世界へのめりこんでいく。(それはそれは大変な世界でしたが・・・)在学中は古楽器研究会。副科ではチェンバロを受講。古楽にも興味を持つ。

◇エリザベト音楽大学宗教声楽コース卒業。卒業演奏会出演。しかし、音楽漬けの毎日で体調を崩し、卒業後は2か月間自宅療養する。

その後、少しずつ地元の宇部で、出張レッスンを開始。教えることに目覚める。門下の先生主宰の女声合唱団で合唱の勉強、また合唱の伴奏も経験する。

宇部緑橋教会にてバロックコンサート等開いたり、知人からの紹介の生徒も少しずつ増え、音楽の基盤を作りかけたが、結婚を機に周南市へ。

楽器店からの紹介されたたった1人の生徒から、指導を再開する。

その後光市浅江に引っ越し、自宅教室を開く。

ピアノ指導歴は27年目を迎えた。

◇結婚後、地元である宇部市内で、チャペル聖歌隊の隊長として、ANAクラウンホテル、国際ホテル宇部など様々な結婚式場で歌を歌った。各種パーティーにも参加し、大学時代の後輩とY’s-Voce(ワイズヴォーチェ)という女性ボーカルユニットを組んで宗教曲からポピュラーまで幅広いレパートリーを歌う。

 

◇自宅のピアノ教室と並行し、小学校への非常勤講師として特別支援の要する生徒や配慮を要する生徒と関わる。

その後は中学校で特別支援学級のサポート教員として勤務。

障碍のある生徒と、通常学級在籍生徒とのパイプ役となり、またそこに音楽というツールで、特別支援教育に力を注ぐ。

重度自閉症男子の担当になったことで、その生徒にマリンバを弾かせ今では一緒に演奏活動もしている。

また合唱指導にも力を注ぎ、各小中学校で合唱指導も積極的に行っている。

「子ども達に日本の歌を・・・」のコンセプトのもと、童謡唱歌を中心としたソプラノコンサートも積極的に行っている。音楽仲間と一緒に行うピアノと歌の学校コンサートも行う。

 

◇現在、
私立高校音楽非常勤講師
全日本ピアノ指導者教会指導者会員

 

◇免許資格 
中学校音楽一種免許
高等学校音楽一種免許